09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

♪3/18~20、AAS展♪

2012/03/29
エエト、もう1週間以上前になってしまいますが。。。

ASAKAアートスクール作品展2011(年度)、無事終了致しました♪

という事で、いっちょ続きから作品たちを載せちゃいます(@^0^@)
とはいえ、全部ではないんだけども…。申し訳ないね…。しょぼん。
*幼児作品(抜粋)*


かぼちゃ!めざし!麻キャンパス!にじみ絵!チョーク!木片!テラコッタ!
「ねえねえめざし横に並べたくない?」というA先生のアイデアにより、一列に綺麗に並ぶめざし達。
この写真だと伝わりませんが、絵を貼ってる台紙がなかなかしゃれおつな材質の紙で、なんかお高い和食屋に飾ってそうな雰囲気なのだ~!めざしだけど!(笑)


子どもたちの人型です。クラスによって子ども同士でかたどったり、親御さんにかたどってもらったり。
1~2歳は親御さんなのでノーマルなかたどり。
3~4歳は子ども同士なので、かたどるのが難しかったらしく、でぶっちょになったり骨どころか糸みたいなガリ子になっていたり(笑)。
5歳も子ども同士だけど、さすがここは年長さん!という感じで、指なんかも細かくかたどれました♪


子どもたちの色んな“表情”+色んなモノで作った“顔”、身長棒、ローラー(で色をいっぱい塗った作品)。
“表情”写真、5歳クラスの変顔率が半端ではありませんでした。
そういう時期なの?ねえ、そういう時期なの?
とにかく可愛い作品であります(*´ω`*)

*小学生作品(抜粋)*


オレンジの紙にパステルで描いたお花さん。
「とっても綺麗な色だけど、何で描いてるの?」と聞かれる方もいらっしゃいました!
本当に綺麗です。照明が映りすぎてて残念です。


自画像のお面とか新聞紙のコラージュとかパラパラマンガとか。
白い子のは…多分…着色の日に欠席だったんじゃなかろうか?
顔面蒼白ってこんな感じか…と思いながら一人笑う講師一名。(ごめんね!)


エスカルゴの殻に粘土を詰めて作った創作動物とか!
(作品展のDMの絵柄はこれでした~)
粘土の原色具合と、殻のリアルさが、とってもとっても可愛いかった!

moblog_0af7a1ab.jpg
思い出の品を素材にしたホワイトボックス+アルミホイルのさんまさん(後ろに七輪がっっ)
ホワイトボックス、これ4つ内側に囲んでネジで止めて筒?みたいな状態で持ってってました~!なんか…大変そうでした~!(笑)
小学生担当の先生方、お疲れ様です!!

*他*


ワークショップ。さんまのちっちゃい版「にぼしをつくろう」。
こちらのお父様は確かアルミホイルで海老を作ってらっしゃいました。ナイスミドル。素敵です。



校長&講師の作ったにぼし。写真で伝わるでしょうかこのリアル度!

コンサートも、2日続けてやらせていただきまして


1日目~。


2日目~。

伴奏は毎度おなじみまきの先生に弾いていただきました

写真は撮り忘れた…のですが、校長先生のFBより勝手に拝借!笑

聞きにいらしてくださった方々、どうもありがとうございました~☆
元気いっぱい歌ってくれた子、手拍子をしていただいた中高生の方々(笑)(ありがとー!)、盛り上げてくださった先生方!
投野は幸せものです(*^^*)
これからも精進致します★
歌うの大好き!だよー!!


すべての回も、最後に「夕方のおかあさん」を歌いまして、それに伴い、サトウハチローさんの話と、「母という字を書いてごらんなさい」という詩の紹介をさせていただきました。

サトウハチローさんてね、3000近く「母」をテーマに詩を書いてらっしゃったんですって。
でも自分の母親にものすごく愛情を持っていた、っていうわけでもなかったんですって。
なんでしょうな。

詳しい話が残ってないだけに、色々考えてしまうけど、ハチローさんはとにかく「母」という存在に惹かれていたのかなぁ。

「憧憬、手に届かない、それでも憧れずにはいられない、手を伸ばさずにはいられない気持ち」

って、大学の先生がロマン派音楽か何かの説明で言ってた気がするのだけど(←重要なとこ覚えてない)
そういう感じかなぁ。

なんだかすごく、「ハチローさんが『母』に惹かれていた」って所に惹かれますね。考えてしまいます。
考えてしまいます、とか言っといて大して掘り下げて考えてないんですけどね。
思いにふけますね。

考えるといえば、どっかの本で「赤い靴」の最後は「考える」じゃなくて「思い出す」の方が詩として見た時いいよね、みたいな話を読んだな。
童謡百科事典かな。あの本面白いよ。批評とかもバンバンのっけるから。
でも最後のメロディーは何故か「考える」の方がしっくりくる気がするんだけど、これって慣れの問題?


とまぁ話題が飛びに飛びましたが(得意技)

アートスクール展、過去2回参加させていただきましたが、レギュラー講師として準備から参加するのは今回が初めて!
ちょっと大変だったけど、とっても楽しかったです!
子どもたちの作品を、どうしたら綺麗に見えるかなー素敵に見えるかなーって考えて飾る作業が、たまらなく楽しかったし、愛おしかった。
変なところに集中的に描いたり。
「そ、それでいいの?」って思うくらい飾らなかったり。
この子あんまり迷わないんだろうなーっていうのがわかったり。
作品であって、基本無機質な物体だけど、これはあの子たちの姿そのものだと思いました。

まだまだの講師ですが、春からもっとちゃんと講師らしく(笑)、頑張っていきたいなーと思います!


何故こんなに長文になってしまったのでしょうか!申し訳!
終わります!
21:14 ASAKA | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。