06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

今までの人生で1番好きだと思う歌を1曲教えてください。

2015/07/29
今までの人生で1番好きだと思う歌を1曲教えてください。

という問いを、なげのあやかコンサート倶楽部「東京ハトポッポ」の申し込みメールフォームに設置してみました。
これは実はWEB版の思いつき(笑)


問いに対して「ハトどけい」と答えてくださる方もいらっしゃったり、「まだ決められません」という方もいらっしゃいました。
どの答えも、その方の人となりが見えるようで面白くて、嬉しくて、いい質問設置したなあ~~と思ってます。

さて、それでね。

この問いに対するある方のお答えが、とてもとてもステキで。

この文をね、私と事務所の人しか見てないなんてもったいなくってもったいなくって!
皆様にもお披露目していいですか、とお聞きしたら、ありがたく許可いただけたので、お載せしたいと思います。






【今までの人生で1番好きだと思う歌を1曲教えてください。】

江戸の子守唄

(18歳の時、外回りの仕事をしていて出会ったおかあさん、あかちゃんを背負ったまま、聴かせるように唄っていました。

きれいで、澄み渡って、爽やかで、なのに、温かい感じでした。

立ち止まった私に、目で会釈をしたような感じで、通り過ぎていきました。
40年前の那須でした。

今も、その声を探しています。)







…。

はい。

どうですか。


1本映画でもできそうなエピソードだと……
思いませんか…!!!!!????

いや、これはこの長さだからいいとはわかった上で!!!!

すごく、人の詩心を刺激するエピソードですよね!!!

夏だったら!!!最高だな!!!!!
とか思っちゃう!!!!!
(※実際はどうだか知らない)



個人的にポイント高いと思うところ


●18歳青年の外回り
●よりにもよって(←いい意味で)江戸の子守唄
●ねんねんころりよ
●おころりよ
●おかあさん
●おかあさん
●外で赤ん坊に歌い聞かせるという行為を特別視してなさそうなおかあさん(重要)
●立ち止まった18歳
●目で会釈
●40年前の那須
●つまり1975年の那須
●「今も、その声を探しています。」






こんな詩的情景が……
現実にあったなんて……!!!??



時に現実は…
如何なる想像も越える……!!




私もこんな体験がしたい!!
何すればいいの?
外回り?
あ、那須にいけばいい?
そうだ!那須にいこう?!?!


最後の文章の締め方がもう最高です。
あー私もこんな体験してこんな文章書いてみたいものです。
たぶん、文章のプロにもなかなか書けないと思うんだ、こういうのは。


きっと、このときは晴れてて、きっときっと、おかあさんが通り過ぎる時に風でも吹いたに違いない、とか思ってる。
(※実際はどうだか知らない)


私この文章、ここ数日1日2,3回見るくらい好きで、すみませんなんかちょっと贔屓?っぽいかなと思ったんですが、これはもう別というか、黙ってられなかった…!>_<


掲載許可ありがとうございました

歌ってすごい~。
すごいなあ。


申し込み済みの方も、もし何か筆がはかどるようなエピソードがあったら、よかったら送ってくださいね(^^)!

随時部員募集中(^^)♡

>>メールフォームはこちら!<<

そんなこんなで東京ハトポッポ、8月上旬に第一報お送りします♪

広がれ!歌の輪(^O^)/‼︎



12:19 いろいろ | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »